昭栄自動車株式会社 採用情報

社員紹介

採用情報TOP > 社員紹介 > 無料の託児所があるのは本当にありがたい。前より家族サービスができていると感じる。

無料の託児所があるのは本当にありがたい。<br>前より家族サービスができていると感じる。

政田洋行 2017年入社

無料の託児所があるのは本当にありがたい。
前より家族サービスができていると感じる。

責任感が生まれて、この業界へ転職してきた。

実は大学だけでなく、高校も中退なんですよね。その当時を振り返ると、自分のことを「なんて無責任な奴だ」と思います(苦笑)。大学を辞めるきっかけは父親が病に倒れたことで、無駄にお金をかけてはいられない、と働くことにしたんです。それぐらいからですかね、責任感が生まれてきたのは。結婚して、子どもが産まれて、しっかり養うにはもっと稼げる仕事をしないと、と思ってタクシー業界へ転職してきましたが、がんばれば思うように稼げると実感して、この世界でずっとやっていこう、と心を決めました。当社へ転職したのは、前職のタクシー会社で同僚だった人が当社へ転職し、「福利厚生と待遇が充実している」と紹介を受けたのがきっかけです。タクシー会社もいろいろなんだなあ、とつくづく思います。

営業職の頃より家族サービスができている。

前職の会社にはなかったものがたくさんある、というのが転職してみての率直な感想です。その際たるものが、無料の託児所ですね。上の子は早速入所させてもらったし、下の子も1歳になれば預けさせてもらえる。今は本社の近くにある自分の実家で暮らしていますが、そのエリアでは待機児童が相当数いるというし、金銭的にもすごく助かります。私の勤務スタイルだと2日に1回は家にいないことになりますが、逆に言えば2日に1回は家にいるということで、その分子どもたちの面倒も見られるし、2人目を帝王切開で産んだばかりでまだ体調のすぐれない嫁のケアもできる。営業職として働いていた頃よりも、十分な家族サービスができているのではないか、と感じています。

上野・浅草・北千住あたりがテリトリー。

私の営業スタイルは、「できるだけ本社のある足立区周辺を流す」というもの。当社は日本交通グループなので、同社の無線を受けることができるのですが、足立区周辺はもちろんのこと、都心部から離れれば離れるほど日本交通の車両があまりいないと感じているので、無線を受けやすい気がしています。銀座や六本木あたりに行けば、長距離をご利用になるお客様も多くいらっしゃると思いますが、その分ライバルも多くなる。だったら銀座や六本木ほどではないけれど、お客様の多い上野・浅草・北千住あたりをテリトリーにしておいた方が稼げるように感じています。もちろんお客様に手を挙げていただいたらご利用いただきますが、空車のまま銀座・六本木を目指す、ということはほとんどしていません。

「最終手段」ではなく「一生の仕事」になる。

営業職として働いていた当時は、いわゆるインセンティブや歩合のある仕事ではなかったので、どれだけがんばってもお給料に反映される実感は正直、ありませんでした。今はがんばればがんばった分だけ、お給料に跳ね返ってきますから、それが大きなやりがいになっています。タクシードライバーになるまでは「この仕事は最終手段」などと思ったりもしていましたが、やってみると決してそんなことはない、むしろ一生の仕事にもなる、と感じています。もしこの採用ホームページをご覧になっていて、まだ迷いを感じているのであれば、一度思い切ってこの世界へ飛び込んでみるといいのではないでしょうか。きっと今思っているよりも、いい仕事だと感じられると思いますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加