昭栄自動車株式会社 採用情報

社員紹介

採用情報TOP > 社員紹介 > 「日本交通」という業界トップクラスのブランドを持つ会社に、誇りを感じる。

「日本交通」という業界トップクラスのブランドを持つ会社に、誇りを感じる。

戸張真理 2018年入社

「日本交通」という業界トップクラスのブランドを持つ会社に、誇りを感じる。

やってみると「実に楽しい仕事だ」と感じた。

東京へ来てからは、仕事関係の人と出会う運はすごくいいと感じています。乳酸菌飲料の販売で出入りしていた生命保険会社の方から声をかけられて転職し、生命保険の外交員で訪問していたタクシー会社の方に声をかけられたのがきっかけで、タクシードライバーを始めることになりました。でも正直、タクシードライバーという仕事に対してはあまりいいイメージはありませんでした。しかしながら、やってみると実に楽しい仕事だと感じました。もともと車の運転は好きでしたし、お客様をお送りするとはいえ、ガソリン代も高速料金も会社持ちでいろんなところに行かせてもらえると思うと、今でも毎日ワクワクしています。

タクシードライバーなら「日本交通」で働きたい。

前職もタクシードライバーをやっていたのですが、当社へ転職することになったのは家庭環境に大きな変化があったから。それまでは夜勤にも対応していたのですが、今後日勤のみで働かないといけなくなってしまったので、そんな勤務スタイルに対応している日本交通系列の会社として紹介されたのが、当社でした。私は「タクシードライバーをやるなら日本交通で働きたい」と思っています。なぜそう思うのかというと、タクシードライバーになる前の仕事で生命保険の外交員をやっており、よく訪問させていただいていたのが日本交通の営業所で、とてもよくして下さったことが大きな理由です。それに「日本交通」のブランドは、タクシー業界の中でもトップクラスだと思うので、誇りに感じています。

この仕事は本当にいろいろなお客様と出会える。

この仕事の面白いところは、やはりいろいろなお客様と出会えることではないでしょうか。芸能人の方をお乗せしたこともありますし、政治家や社長さんといった立場のある方もあります。銀座からお乗せしたどこかの会社の社長さんは、私のことをずっとディスるような発言をされていたのですが、時折挟んでくる「この道はこっちに行った方がいいよ」と優しい声で教えて下さる方で、おかげでいろんな抜け道を覚えられたと、今でも心から感謝しています。痴話喧嘩を電話で続ける女性のお客様がいたり、法定速度で走っているのに「速い!もっとゆっくり!」と訴えるお酒を飲んでいたお客様がいたりもしますが(笑)、私にとってはそんなお客様との出会いも面白いし、勉強になると思っています。

働いてみて「よかった」と感じられる会社だと思う。

タクシードライバーという仕事に、現段階ではいいイメージを抱いていない方も多いと思います。私もかつてはその一人でしたが、そのイメージの悪いタクシードライバーになるか、反対にお客様から喜ばれるタクシードライバーになるかは、結局は自分次第だと個人的には思っています。それと日本交通グループは今、観光案内に力を入れたり、制服を変えてみたりと、業界のイメージアップに積極的な取り組みを行っている企業なので、そういう会社でタクシードライバーとして働けていることには、私も誇りを感じています。さらには当社は自由度が高いし、働いている人たちはみんな優しい人ばかりなので、きっと働いてみると「思ったよりもよかった」と感じられるのではないかと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加