昭栄自動車株式会社 採用情報

社員紹介

採用情報TOP > 社員紹介 > 父親と同じ仕事に就くとは思ってもいなかった。おかげで父親は「スゴいんだ」と気づかされた。

父親と同じ仕事に就くとは思ってもいなかった。<br>おかげで父親は「スゴいんだ」と気づかされた。

宇佐見明菜 2017年入社

父親と同じ仕事に就くとは思ってもいなかった。
おかげで父親は「スゴいんだ」と気づかされた。

タクシードライバーになり、父親のスゴさを知った。

実は、父親もタクシードライバーなんですよね。だからこの職業には親しみはありましたが、まさか自分もタクシードライバーになるとは夢にも思っていませんでした。母親の介護など家庭のことでいろいろあって、稼げる仕事をしようとタクシードライバーになりましたが、改めて父親のことを「スゴい」と思えるようになりました。もともと尊敬はしていたのですが、たとえば実際に自分がやってみると目や腰に疲れを感じたり、あるいは接客でお客様に応じた対応が求められたりと、父親はこんな経験をしながら長年にわたってタクシードライバーをやってきたのか、と感心しきりです。私も将来、子どもたちから「スゴい」と思われるような仕事ぶりをしないとな、などと思いながら毎日の業務にあたっています。

あまり行ったことのない街に行けてウキウキする。

まだ入社して間もないので、いろんなお客様がいらっしゃるので対応するのに必死です。最初の頃は「いつもと同じ道なのに料金が違う」とお叱りをいただくと、ひたすら謝るしかなかったのですが、最近では「道路の混み具合など条件が異なる場合もあるので、いつもと違うこともある」とお応えすることもできるようになりました。経験してみないとわからないことがたくさんある、とつくづく感じています。それでも今まであまり行ったことがないような街に行けたりするのは、楽しいです。ずっと地元で生活を送ってきたので、渋谷などに行くと「スゴい、人が多い、ビルが高い」などと、ウキウキすることもしばしばです。

会社は家庭のことも配慮してくれてありがたい。

三人の子どもは現在、10代です。下の子がまだ小学生なので、仕事で私がいない時には実家でおばあちゃんや姪っ子たちと遊んでもらったりしていますが、少しさみしい思いをさせてしまっているのかな、とも思っています。そんな家庭環境のことを会社も理解してくれており、私としては夜勤もいとわないつもりでいたのですが、「日勤だけにしておきましょう」と気遣ってもらっています。仕事で朝早い時には、上の二人の子どもたちに下の子を「起こしてあげてね」と言って出かけることもありますが、そうしたら上の二人が下の子の面倒をしっかり見るようになって、このところ「お姉さんになってきたなあ」と感じるようになりました。タクシードライバーとして働くようになって、思わぬ収穫が得られました(笑)。

ふだんは会わない先輩からも話しかけられる。

当社へ入社するまでは雇用形態がパートタイムだったので、健康保険や年金などは自分で払わないといけませんでした。それが今は正社員雇用なので、お給料から先に差し引いてもらえるのがとてもありがたく感じています。それに当社は人間関係が良好なので、とても働きやすい。朝の挨拶もみなさんから声をかけていただけるし、「さあ、乗車だ」と出かける際には「行ってらっしゃい」と元気な声で言ってもらえるのも、「がんばろう」と思える要因にもなっています。タクシードライバーなので、ふだんはなかなか顔を合わせないような先輩たちも少なくありませんが、そんな方々も私の顔を見たら気さくに声をかけてくださるし、とても雰囲気がいい会社だと私は感じています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加